MT4のインジケーターの色変更設定方法

まずはインジケーターの色変更から。

例としてグリーン色のGMMA長期束をオレンジ色に変更する方法を紹介しましょう。具体的には以下のような手順となります。

該当インジケーターにマウスポインタを重ねツールチップを表示

今回ならGMMA長期にマウスポインタを重ねます。

すると上記画像のとおり説明のツールチップが表示されます。

ツールチップ表示時に右クリック!インジケーター名をクリック!

ツールチップが表示されている際に右クリックを行うとコンテキストメニューが表示されますので、該当のインジケーター名プロパティ=今回なら「GMMA_long_v1プロパティ」をクリック選択します。

タブメニュー「パラメーターの入力」をクリック!お好みの色を選択

Custom Indicator(カスタムインジケーター)ダイアログが出力されますので、タブメニュー「パラメーターの入力」をクリックし選択

その後「値」のカラー部分をダブルクリックするとカラーチャートが出力されるので、オレンジを選択すると以下のように値の色がオレンジ色となります。

その後ダイヤログ下部の「OK」をクリックすると、以下のようにGMMA長期束がグリーン色からオレンジ色に変更されます

MT4のラインの色を変更設定する方法

続いて補足用としてあなた自身がチャート上に描画できるライン(水平線・垂直線・トレンドライン等)の色設定についてご説明。 。

例としてアクア色の水平線をレッド色に変更する方法を紹介しましょう。

なおラインはある一本をレッド色に変更すると、その後追加する水平線もレッド色となります。(最後に設定したラインカラーがデフォルト値となる)

具体的な手順は下記です。

水平線にマウスポインタを重ねツールチップを表示

変更したい水平線にマウスポインタを重ねます。

上記画像のとおり説明のツールチップが表示されます。

ツールチップ表示時にダブルクリックし選択状態に!

ツールチップ表示時にダブルクリックすると、当該水平線が選択状態となります。

上記画像のとおりラインの右端に表示される正方形のポインタが選択されている目印です。

選択状態のまま右クリック!HorizontalLineプロパティをクリック!

当該水平線が選択状態時に右クリックするとコンテキストメニューが表示されますので、「Horizontal Line プロパティ」をクリックして選択してください。

タブメニュー「全般」を選択!スタイルをお好みの色に変更

Horizontal Line(ホリゾンタル)ダイアログが出力されますので、タブメニュー「全般」を選択

その後「スタイル」のカラー部分をダブルクリックするとカラーチャートが出力されるので、レッドを選択します。

その後ダイヤログ下部の「OK」をクリックすると、以下のように当該水平線がアクア色からレッド色に変更されます

また新たに水平線を追加した場合のカラーも、以下のとおりレッド色となります。